MENU

ラポマインの“保湿・殺菌・制汗・美肌”の成分と効果

ワキガケアの新発想の元で生まれたラポマイン。

 

保湿・殺菌・制汗の3つのケアを1度でシンプルに行える上に、美肌効果もプラスされています。

 

従来のワキガケアは制汗と殺菌だけでした。

 

刺激の強い制汗成分や殺菌成分は肌にダメージを与え乾燥させてしまいます。

 

肌が乾燥することで、皮膚は肌を守るためにより多くの汗や皮脂を分泌してしまい、それが過剰に分泌されることで嫌な臭いの原因である菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

ラポマインは、肌の乾燥をさせないために「保湿」にこだわった新発想に加えて、お肌に優しい成分で制汗・殺菌する方法でラポマインを作っています。

 

ここでは、ラポマインの有効成分とその効果についてご紹介していきます。

“保湿”に優れた21種類の植物エキス

ラポマインには保湿効果に優れた植物エキスが21種類も含まれています。

 

中でも代表的な成分は「シナノキ・オウバク・オトギソウ・カモミラエキス」です。

 

お肌内部の水分をしっかりと保持させ、余分な汗や皮脂が分泌しずらくなります。

 

潤いのフタをすることで、しっかりと潤っているのでお肌が乾燥してしまう。という心配がありません。

 

ラポマインを使った人の中には「ラポマインを使い始めて肌の潤いを感じた」という意見が多数あるのは、この“保湿効果”があるからでしょう。

除菌率99.9999%の“殺菌成分”

99.9999%の除菌率という驚異的な数字を見ると「お肌への刺激が強いのでは?」と思うかもしれませんが、そんな心配はいりません。

 

ラポマインの殺菌効果はイソプロピルメチルフェノールという有効成分の働きによるものなのですが、刺激性が少なくアレルギー症状の報告などない安全性の高い化合物なのです。

 

このイソプロピルメチルフェノールをナノ化し有効成分が脇の角質層まで浸透して働きかけるので、臭いの元となる菌を根元から徹底的に除菌してくれます。

 

除菌効果のほかに抗菌・消臭効果もあるので、ワキガケアに最適な成分なのです。

ニオイの原因である汗を減らす“制汗効果”

薬用成分であるフェノールスルホン酸亜鉛が毛穴に浸透して、ニオイの原因となる汗をキャッチしサラサラにキープしてくれます。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は医療機関でも使用されているので、信頼性・安全性ともに◎!!

 

嫌なニオイは汗が蒸発するときに発生するのですが、汗を減らすことでニオイの発生を抑えることができるのです。

ニオイの元をシャットアウト&嬉しい美肌効果

消臭成分では有名な柿渋タンニンが配合されています。

 

柿渋タンニンは、柿の種から抽出されています。

 

嫌なニオイの元を分子レベルでシャットアウトしてくれます。

 

また、殺菌・防菌効果があるので汗や古い角質の分解と発酵を抑えてくれるので、ニオイの発生を防いでくれます。

 

ラポマインはワキガの臭いケアだけでなく、嬉しい美肌成分も配合されています。

 

イソフラボン抑毛効果を発揮させ、カモミラエキス黒ずみケアをしてくれます。

 

脇の下は臭いだけが悩みではなく、わき毛や黒ずみも気になる方は多いはずなので嬉しい効果ですよね。

 

 

 

ラポマインに含まれている有効成分をご紹介していきましたが、脇のニオイに有効な成分をもっと効果的に発揮するために「ラポマインの効果的な使い方」があるので、こちらもご覧くださいね♪ ラポマインの効果を最大限に発揮!