MENU

ワキガ手術は必要なのか?改めて考えよう!

自分や家族がワキガで悩んでいる場合「ワキガ手術」について考えることもあると思います。

 

しかし「手術をする」には覚悟が必要ですし費用もかかるので簡単に答えが出せるものではありませんよね?

 

そこで、ワキガ手術にはどんな術法があり費用がどれくらいかかるのか?

 

また、術後の過ごし方や後遺症・副作用はないのか?ということをご紹介していきます。

 

ワキガ手術について理解した上で、改めて自分や家族にワキガ手術が必要なのか考えても遅くはないと思います。

 

ここでは、ワキガ手術について悩んでいるアナタに必要な情報をご紹介していきます。

ワキガ手術の種類を紹介

ワキガ手術には、汗腺を直接取り除く方法と超音波で汗腺を破壊する方法があります。

切  除  法

最も古い術法で、脇の下の皮膚部分を大きく切り取ることでアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺をすべてえぐり取る方法です。
皮膚を大きく切り取る術法なので、後遺症としては運動障害があります。
術後は身体の動きや入浴など生活面での制限があります。

剪  除  法

(せんじょほう)

脇の下のシワに合わせて3〜4cmほど切開し、皮膚を裏還してワキガ臭の元であるアポクリン汗腺をハサミで切り取っていく術法です。
直接目視でアポクリン汗腺を切除するので、取り残しはあまりないとされています。
切除法と同様で、術後には生活面で活動制限が出てきます。

吸  引  法

脇の下の上部を1cmほど切開して、カニューレという器具を挿入しアポクリン汗腺を吸い出す術法です。
アポクリン汗腺を完全に吸い取るのは難しいので、汗腺が再生し再発する可能性があります。
術後は傷口が小さいので大きな生活障害はありません。

皮下組織削除法

刃物と皮膚をおさえるローラーが付いた器具を使い、アポクリン汗腺を削ぎ取る術法で、脇の下上部を1.5cmほど切開します。
汗腺を直視できないので、医師の腕により取り残して再発する場合があるそうなので、医師にしっかりと確認することをお勧めします。

超音波吸引法

超音波熱でアポクリン汗腺を破壊して吸引する術法です。
火傷や皮膚壊死などの合併症が起こってしまうリスクがあります。
また、摂り切れなかった場合は再発する可能性があります。

ワキガ手術の費用や保険適用について

ワキガ手術の際、社会保険の適用は術法や症状によって異なります。
また、手術費用は病院やクリニックにより異なりますので、事前に確認が必要です。

 

各手術の平均的な費用をみていきましょう!

  • 切除法・・・10万〜30万円
  • 剪除法・・・5万〜30万円
  • 吸引法・・・10万〜30万円
  • 皮下組織削除法・・・25万〜40万円
  • 超音波吸引法・・・10万〜30万円

 

ワキガ手術は基本的に社会保険適用外になるので、全額負担になるケースが多いようです。

 

しかし、剪除法は保険適用が多いようなので病院やクリニックに事前に確認した方がよいですね。

ワキガ手術後の後遺症や過ごし方は?

【手術後の痛みについて】
ほとんどの手術が脇を切開するの、痛みは当然出てきます。
特に痛みが大きいのが切除法と剪除法だと言われています。

 

切除法は脇の下の皮膚を大きく切除しますので、かなりの痛みを伴い出血もあるそうです。
剪除法も3〜4cmほど切開しますので、痛みが出るようです。

【ワキガ手術後の後遺症について】
実はどの術法を行っても「色素沈着」が起こります。
時間が経つと薄くなったり消えたりしますが、個人差でシミのように残ってしまう場合もあるようです。

 

また、汗腺を除去したことによる代謝性発汗という後遺症があり、脇からの汗は収まりますがその代償で他の部分で大量に汗をかいてしまう症状が起こるケースがあるようです。

【ワキガ手術の後は入院が必要なのか?】
最近行われているワキガ手術は基本的に日帰りで手術が出来るので入院が必要なケースはほとんど無いようです。
しかし、病院やクリニックによっては抜糸が必要な手術を受けた場合に入院を勧められることもあります。

 

切開する部分が大きいと、術後の感染症リスクが高まるので場合によっては入院が必要になることもあるようです。

ワキガ手術が本当に必要ですか?他のケア方法はないのでしょうか?

ワキガ手術について方法や費用・術後についてご紹介してきましたが、費用面・後遺症や再発リスクなど考えると「必ず手術した方が良い」とも言い切れませんね。

 

お仕事・家事・育児など人それぞれに生活スタイルがあるので、手術の後に生活制限があると困る人もいますよね?

 

ワキガ手術の前に、「良いワキガケアアイテム」を使っているのか?使い方は間違っていないか?など考え直すのも、ワキガケアの一つの方法なのではないでしょうか?

 

ワキガについての正しい知識・自宅で出来る効果的なケアなどもご紹介しているので、そちらも参考にして考えてみてくださいね!

 

ワキガの原因を正しく知ろう

 

ワキガを自宅でケアする方法とは?